領収書なしに弁償金を請求された!!払ってよかったのでしょうか?
ホーム > 領収書なしに弁償金を請求された!!払ってよかったのでしょうか?

領収書なしに弁償金を請求された!!払ってよかったのでしょうか?

Pocket

【本日のご相談】

カレー屋を経営しています。

従業員がお客様のズボンにカレーをこぼしてしまいました。

お客様は、このあとすぐに商談があるので、替えのスーツを買いに行きたいから、その代金を弁償してほしいという希望でした。

お店側に責任があるので、その通りに対応しようと思ったのですが、買ったスーツの領収書を店に持ってくる時間がないからと、10万円を弁償代金として払うように言われました。

私の店は、昼はテイクアウトもしているので、ランチタイムはお客様でごった返しています。

他のお客様の手前、事を大きくしたくなかったので、10万円払ってしまいました。

今更ではありますが、弁償代金とは、領収書なしに払うものなのでしょうか?

なんの証拠も残っておらず、少々不安になっています。

 

【石崎弁護士の回答】

損害賠償というのは、実際に生じた損害に対して行うものです。

そして、その損害額を証明するために、 通常は領収書や請求書などを示すことになります。

今回のケースでも、「郵送でも構わないので、領収書を送ってほしい。届き次第支払う。」とでも言うべきだったかもしれません。

しかし、話が長引けば、そのお客様から「スーツを買ったせいで商談に遅れ、商談が失敗した。」などと商談についての責任も問われかねません。

認められる可能性は低いですが、争いの種を残すことになったかもしれませんし、「他のお客様の手前」ということもあったでしょうから、 そのような諸々の事情を考えて、その場で10万円を支払うという判断をされたのであれば、充分理解できる判断であったと思います。

 

無料相談・お問い合わせ
顧問料・スポット料金表
トップに戻る
 



新規事業をお探しの経営者様、独立開業をお考えの方はこちら

事務所所在地

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

■住所■
横浜市中区日本大通7
合人社横浜日本大通7ビル8F
(都内(渋谷、六本木、汐留)会議室利用による打合せも可能)
■電話■
045-680-0572
■FAX番号■
045-680-0573
■メールアドレス■
ishizaki@ypartner.com
お問い合わせはこちらから