杖をついた女性がお店で転倒!!これもお店の責任??
ホーム > 杖をついた女性がお店で転倒!!これもお店の責任??

杖をついた女性がお店で転倒!!これもお店の責任??

Pocket

【本日のご相談】

パン屋やカフェを5店舗経営しています。

パン屋で起きたトラブルについて相談させてください。

杖をついている年配の女性がパンを選んでいる最中に、店内で転んでしまいました。パンを選ぶ際は、トレーやトングを使うので、杖はレジカウンターで預かっていたのです。

おそらく、何かの拍子にバランスを崩され、杖のような支えがなかったので転んでしまったのだと思います。

その場にいたアルバイトが、すぐに助けたので、大事には至らず、パンを買って帰って行ったので安心していました。

しかし、一週間後、この女性の娘さん(50代くらい)が「母の腕の骨が折れていた!治療代を払って欲しい!」と言ってきたのです。

私のパン屋は、ベビーカーなどのお客様でも負担なくお買い物できるように、段差などは一切ないですし、什器も比較的低めです。バリアフリーは徹底しています。

お店側に非はないと思っています。

今後、どのように対応すればよいでしょうか?

 

【石崎弁護士の回答】

床が特別滑りやすかったなど、お店の設備に何か問題があったのでなければ、 お店が責任を負うことはありません。

一言、「足元お気を付けください」といった注意喚起があってもよかったかもしれませんが、 杖を預かったのも、その女性の依頼でしょうから、 道義的責任を超えて、法的責任が生じることはないでしょう。

もちろん、変にお店の責任を喧伝されても困りますから、 何らかの形でケアするという選択肢もあります。

このような場合、 「責任を認めるわけではないが、現に損害も生じているし、 かわいそうなので、気持ちとして手当てします」という意味で、 「賠償金」ではなく、「見舞金」として支払うことになるでしょう。

 

無料相談・お問い合わせ
顧問料・スポット料金表
トップに戻る
 



新規事業をお探しの経営者様、独立開業をお考えの方はこちら

事務所所在地

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

■住所■
横浜市中区日本大通7
合人社横浜日本大通7ビル8F
(都内(渋谷、六本木、汐留)会議室利用による打合せも可能)
■電話■
045-680-0572
■FAX番号■
045-680-0573
■メールアドレス■
ishizaki@ypartner.com
お問い合わせはこちらから