飲食店の貸切をドタキャンするお客さん…これって、訴えられる?!
ホーム > 飲食店の貸切をドタキャンするお客さん…これって、訴えられる?!

飲食店の貸切をドタキャンするお客さん…これって、訴えられる?!

席数30席のお好み焼き屋を経営しています。

当店は、お好み焼き食べ放題•アルコール飲み放題(2時間制)で4500円です。
ただし、10名様以上の予約をいただいた場合は、サービスで4000円にしております。お店の看板やメニュー、ホームページにも記載しています。

先日、15名様で予約を電話でもらいました。

しかし、2日前になって、幹事の方から、値引きの交渉がありました。
「20名にするから、3500円にできないか?」という内容です。
それは、難しいという話をして、電話を切りました。
そして、予約当日。いつまで経っても、このお客様一行は来店してきません。幹事の方に電話をしても繋がりません。

結局、20名の席を2時間確保したのが、無駄になってしまいました。 飲食店を経営しているなら、こういうことは仕方ないのかもしれませんが、お客様(それも、団体様)のドタキャンは経営上、とても辛いです。
どのような対応や予防策を打てば良いものでしょうか?

 

飲食店にとっては、非常に現実的で、かつシビアな問題だと思います。
法律的に言えば、一方的な予約の破棄は、相手の債務不履行になりますので、一定の範囲で損害賠償を請求することができます。

電話番号などから相手を割り出して、訴訟提起することもできますが、 そのための費用を考えると、現実的ではないでしょう。

また、仮に回収できたとしても、 口コミサイトなどにそのことを書かれれば、お店の信用問題にもなります。
いずれにしろ、よほど高額でなければ、 事後的に対応することは事実上困難と言わざるを得ません。

では、予防策はあるかと言われれば、 これも難しいところがあります。
貸し切りなど、ある程度、高額になる場合は、 旅行のように事前に支払いを求めたり、
少なくとも、ある程度のデポジットをもらっておく、 といったことから始めてみてはいかがでしょうか?

 

お問い合わせはこちら
contact


新規事業をお探しの経営者様、独立開業をお考えの方はこちら

事務所所在地

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

■住所■
横浜市中区日本大通7
合人社横浜日本大通7ビル8F
(都内(渋谷、六本木、汐留)会議室利用による打合せも可能)
■電話■
045-680-0572
■FAX番号■
045-680-0573
■メールアドレス■
ishizaki@ypartner.com
お問い合わせはこちらから