酔っ払った客が店舗の備品を壊してしまいました!
ホーム > 酔っ払った客が店舗の備品を壊してしまいました!

酔っ払った客が店舗の備品を壊してしまいました!

【本日のご相談】

酔ったお客様が誤って店内の備品を壊していまいました…

他のお客様へ被害はなかったのでまだ良かったのですが、当店にいらっしゃる前から、かなり酔っ払っていたようです。

どのように対応すればよろしいでしょうか?

 

【石崎弁護士の回答】

いくら酔っていたとはいえ、お客様がお店の備品を壊せば、それについての損害賠償を求めることができます。

ただ、それが単にコップやお皿であれば、通常はわざわざ賠償を請求するようなことをせず、笑って済ませるのが通常の対応でしょう。

しかし、コップや皿でも高価なものもありますし、数が多い場合もあります。また、お店の設備そのものを破壊してしまうなど、お店に与えた損害が大きい場合には、お店としてもある程度対応を考えなければなりません。

要は、損害額と今後への影響などを天秤にかけて、最終的には経営判断ということになるでしょう。

 

無料相談・お問い合わせ
顧問料・スポット料金表
トップに戻る
 



新規事業をお探しの経営者様、独立開業をお考えの方はこちら

事務所所在地

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

■住所■
横浜市中区日本大通7
合人社横浜日本大通7ビル8F
(都内(渋谷、六本木、汐留)会議室利用による打合せも可能)
■電話■
045-680-0572
■FAX番号■
045-680-0573
■メールアドレス■
ishizaki@ypartner.com
お問い合わせはこちらから