従業員が、SNS上にお客様やお店の情報を書き込んでいるようです…
ホーム > 従業員が、SNS上にお客様やお店の情報を書き込んでいるようです…

従業員が、SNS上にお客様やお店の情報を書き込んでいるようです…

【本日のご相談】

従業員が、ツイッターやフェイスブックにお客様の個人的な情報を流しているのを見つけてしまいました。さらに、店長に対しての愚痴などもSNS上でアップして、友達たちと盛り上がっているようです…。

このまま放っておくと流石にまずいと思いますが、何もできずに現在にいたります。どのような対応をするのがよいでしょうか?

 

【石崎弁護士の回答】

最近、facebookやtwitterでのトラブルが後を絶ちません。

インターネット上の情報は拡散が早く、一度広まると、事実上、情報の全てを削除することはできず収拾をつけることが非常に難しくなります。

これがまさに、いわゆる「炎上」と呼ばれる所以です。

これらは直接的な損害という意味で考えると些細なものが多いですが、風評被害等を考えると、その影響は計り知れません。

 

影響を最小限に抑えるためには、

●事実関係の把握
●記事の削除
●謝罪を含むプレスリリース

など問題発覚から迅速かつ適切に対応する必要があります。

 

また、SNSのトラブル防止のガイドラインを作成することも効果的です。

このようなトラブルに対しては、 炎上する前、すなわち事前段階での予防が最も効果的であり必要不可欠。

スタッフや店舗の雰囲気を尊重しながら、 携帯電話の使用やSNSの利用について、トラブル防止のための研修などをすることも有効だと思います。

 

 



新規事業をお探しの経営者様、独立開業をお考えの方はこちら

事務所所在地

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

■住所■
横浜市中区日本大通7
合人社横浜日本大通7ビル8F
(都内(渋谷、六本木、汐留)会議室利用による打合せも可能)
■電話■
045-680-0572
■FAX番号■
045-680-0573
■メールアドレス■
ishizaki@ypartner.com
お問い合わせはこちらから