アルバイトの無断欠勤。訴えられますか?
ホーム > アルバイトの無断欠勤。訴えられますか?

アルバイトの無断欠勤。訴えられますか?

勤務態度の悪い従業員に困っています。特に、最近目立つのが、無断欠勤です。宴会など大口のクライアントが入っていた日に無断で欠勤することが数回。お客様にも、他のスタッフにも迷惑をかけてしまっています。

アルバイトなどでよくあるトラブルとして、
予定されていたシフトに出勤しない

というものがあります。


その際の給料を支払わないのは当然ですが、
法的に言えば、

急に手配したためにアルバイト代を多く払ったり、
人手が足らなかったせいで、

お客様の入店を制限したりした場合、
それの点について責任を追及することも可能です。


ただし、

無断欠勤の被害額と、法的手続きや費用対効果
考えてみてください。


 

当然ですが、経営者としては、
費用対効果の問題は常に考えなければならず、

その意味でいえば、
現実的に法的手続を採ることが妥当ではないことが多いと思われます。


最もよいのは、急な欠勤でも店舗がうまく回るように、

常にスタッフに余裕を持たせることですが、
現実問題としては、

できる限り経費を切り詰めざるを得ません。


したがって、できる限り欠勤を防ぐように、
欠勤の際のルールや、無断欠勤について

厳しく対処する旨の通知などを、
事前に徹底しておく必要があるでしょう。

 

 

お問い合わせはこちら
contact


新規事業をお探しの経営者様、独立開業をお考えの方はこちら

事務所所在地

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

■住所■
横浜市中区日本大通7
合人社横浜日本大通7ビル8F
(都内(渋谷、六本木、汐留)会議室利用による打合せも可能)
■電話■
045-680-0572
■FAX番号■
045-680-0573
■メールアドレス■
ishizaki@ypartner.com
お問い合わせはこちらから