従業員の中でのセクハラ問題が発生しています。
ホーム > 従業員の中でのセクハラ問題が発生しています。

従業員の中でのセクハラ問題が発生しています。

カフェバーを経営しています。従業員間でセクハラが発生しているようなのです。若くて可愛い女の子を多く雇っているせいもあるかもしれませんが…。シフト調整の権限を持っている男性社員が、女性アルバイトに対してセクハラをしているという噂です。

従業員が、別の従業員に犯罪行為を行うことがあります。

飲食店は女性スタッフが多いため、性犯罪も少なくありません。

従業員間でのセクハラがエスカレートするケースもありますが、

最近では、スマートホンや小型カメラを用いた盗撮行為などです。

 

従業員のセクハラ問題、被害者の心のケアまで対応することが大切です。

 

これらは、当然犯罪行為ですから直ちに警察に通報する必要がありますが、

横領などと異なり重要なのは、被害者のケアです。

被害者自身、心に大きな傷を負っていますし、報復を恐れて被害届も出すことを

ためらうことがあります。

このようなときに、顧問弁護士は、それらスタッフの顔も知っていますから、

被害者に対しても親身になって対応することが可能です。

お問い合わせはこちら
contact


新規事業をお探しの経営者様、独立開業をお考えの方はこちら

事務所所在地

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

■住所■
横浜市中区日本大通7
合人社横浜日本大通7ビル8F
(都内(渋谷、六本木、汐留)会議室利用による打合せも可能)
■電話■
045-680-0572
■FAX番号■
045-680-0573
■メールアドレス■
ishizaki@ypartner.com
お問い合わせはこちらから