賃料の減額交渉をする際のポイントについて
ホーム > 賃料の減額交渉をする際のポイントについて

賃料の減額交渉をする際のポイントについて

賃料の減額交渉をしようと思っています。ポイントはありますか?

法律上は、税金や経済事情、周辺における同種物件の相場の変動があった場合に、
賃料の増減を求めることができるとされています。



しかし、現実には、賃料減額の目的は、経営合理化というのがほとんどでしょう。
その場合、賃料を減額できるかは、オーナーを説得できるかという交渉そのものになってきます。
そして、交渉というのは相手がいるものですから、これという回答がないのも事実です。



あえてポイントというものを挙げるのであれば、
こちらの窮状をしっかりと説明することでしょう。
たとえば、本当に賃料が負担になっているのであれば、
明け渡しも余儀なくされるはずです。

オーナーとしても、新たにテナントを見つけるには費用もかかりますし、
すぐに見つかる保証もないですから、
借り続けてくれる方がよいに決まっています。

したがって、明け渡しの可能性も示すことは意味があるでしょう。


※ただ、これは、賃料の支払いや使用方法に問題ない場合です。
問題のあるテナントであれば、むしろいい機会だと思われてしまいます。



また、明らかにオーナーが受け入れられないような減額を求めても、
オーナーも慈善事業ではありませんから、応じるわけがありません。



当たり前ですが、さも減額が当然であるかのような言い方も、無駄に印象を悪くします。
相手がいるものですから、結局は、誠意をもって交渉するということになるでしょう。

 

お問い合わせはこちら
contact


新規事業をお探しの経営者様、独立開業をお考えの方はこちら

事務所所在地

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

■住所■
横浜市中区日本大通7
合人社横浜日本大通7ビル8F
(都内(渋谷、六本木、汐留)会議室利用による打合せも可能)
■電話■
045-680-0572
■FAX番号■
045-680-0573
■メールアドレス■
ishizaki@ypartner.com
お問い合わせはこちらから