法律相談「ランチタイムだけ友人に店を貸したい。気をつけることは?」
ホーム > 法律相談「ランチタイムだけ友人に店を貸したい。気をつけることは?」

法律相談「ランチタイムだけ友人に店を貸したい。気をつけることは?」

【本日のご相談】

バーを経営しています。

飲食店開業を考えている友人から、店が稼働しないランチタイムに1ヶ月程度の期間限定で店を貸してほしいと相談を受けました。自店とは違う店名を名乗って、ランチ営業をしたいそうです。

バーという性質上、本格的な調理設備がないため、自宅で仕込みをして、仕上げだけ店内で行う予定です。

貸すことで少しでも売上になればいいですし、自店の宣伝にもなると思います。何よりも友人の開業を応援したいので、引き受けたいのですが、法律上で注意すべきことはありますか。

(オーナー 30代 男性)

 

【石崎弁護士の回答】

飲食店は稼働をあげてナンボですが、実際にはマンパワーなどの問題があり、常に営業するというのは困難です。

そのため、最近では営業時間外に第三者に転貸して、そこから転貸料をもらうことで、店舗を空けたままにしないという方法も行われています。ご相談のケースもまさにそのようですね。

当たり前といえば当たり前ですが、こういうケースでまず確認しなければならないのは、元の賃貸借契約で、転貸が可能となっているかです。

 

このご相談への石崎弁護士の回答の続きは、飲食店で働く人のための情報マガジン「明日のレストラン」〜石崎先生のよくわかる法律相談〜でお読みいただけます。

 

 



新規事業をお探しの経営者様、独立開業をお考えの方はこちら

事務所所在地

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

■住所■
横浜市中区日本大通7
合人社横浜日本大通7ビル8F
(都内(渋谷、六本木、汐留)会議室利用による打合せも可能)
■電話■
045-680-0572
■FAX番号■
045-680-0573
■メールアドレス■
ishizaki@ypartner.com
お問い合わせはこちらから