法律相談「店内でお客さまの持ち物が盗まれた?店にも責任があるの?」
ホーム > 法律相談「店内でお客さまの持ち物が盗まれた?店にも責任があるの?」

法律相談「店内でお客さまの持ち物が盗まれた?店にも責任があるの?」

【本日のご相談】

オーナーシェフが腕を振るう小さなフレンチレストランで働いています。

先日ご来店いただいた中年男性のお客さまのジャケットを店でお預かりしました。

お帰りの際にジャケットをお返ししたところ、内ポケットに入っていた万年筆がないと訴えられました。高級な万年筆だそうで、弁償してほしいと言われています。

お預かりする際に「貴重なものは入っていませんか?」と確認をするようにしていました。

小さな店内ですので、誰かがジャケットを触っていればすぐにわかると思うので、お客さまの勘違いだと思うのですが、絶対に入っていたと主張されて、金銭で解決してほしいと言われています。どのような対処をすれば良いでしょうか。

(ホールスタッフ 30代 女性)

 

【石崎弁護士の回答】

まず、法律上の原則からご説明しましょう。


飲食店や旅館などで、店や施設が客の荷物を預かる場合については、商法で特別な規定があります。それは、預かったものを紛失したり壊した時には、その理由が不可抗力でなければ、責任を負うというものです。


しかし、これには例外があり、貨幣(お金)や有価証券(金券)など高価なものを預ける際は、その内容と金額を明示して預けないといけないということになっています。預けていたカバンがなくなった後、「実はその中に多額の現金が入っていた!」という後出しで、店が責任を負うのはおかしいですからね。


今回の場合は、なくなったのは万年筆ということで、これが高価かどうかという点が問題になります。

 

このご相談への石崎弁護士の回答の続きは、飲食店で働く人のための情報マガジン「明日のレストラン」〜石崎先生のよくわかる法律相談〜でお読みいただけます。

 

 



新規事業をお探しの経営者様、独立開業をお考えの方はこちら

事務所所在地

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

■住所■
横浜市中区日本大通7
合人社横浜日本大通7ビル8F
(都内(渋谷、六本木、汐留)会議室利用による打合せも可能)
■電話■
045-680-0572
■FAX番号■
045-680-0573
■メールアドレス■
ishizaki@ypartner.com
お問い合わせはこちらから