法律相談「スタッフがお客さま情報をSNSにアップ??」
ホーム > 法律相談「スタッフがお客さま情報をSNSにアップ??」

法律相談「スタッフがお客さま情報をSNSにアップ??」

【本日のご相談】

レストランチェーンに勤務している者です。

都心エリアの複数店をマネジメントしており、場所柄、芸能人のお客さまも頻繁に来店されます。

あるスタッフから、お客さまの情報がSNSに出ていると相談を受けました。人気グラビアアイドルが男性と二人で食事に来たという内容でした。

名前や店名などすべてイニシャルで伏せてあるため、一般的には誰のことを書いてあるのかわからないようになっているのですが、店のスタッフなどが見ればわかってしまう内容です。実際の来店記録と合致するため、スタッフの誰かが投稿していると考えられます。

どのような対応を取るべきか、ご教示お願いいたします。

(ゼネラルマネージャー 40代 男性)

 

【石崎弁護士の回答】

一時期、飲食業や小売業などでスタッフによるSNSの炎上騒動が社会問題として、連日、メディアに大きく取り上げられました。


スタッフ(特にアルバイト)が、注目を浴びたいがゆえに、危険な行動などを撮影し、SNSにアップロードしたというものですね。食洗器や冷蔵庫に入ったり、食材で遊んだり、さまざまなものがありました。


それらは、業者や店舗側による「予防」と「事後対応」両面での厳格な対応により、かなり減りました。大きく報道されたことも影響があると思います。しかしながら、芸能人や有名人の来店情報は未だに取りざたされています。


結論的に言えば、今回のように店も氏名も全てイニシャルで、個人を特定できないのであれば、法的に問題になることはまずありません。

 

このご相談への石崎弁護士の回答の続きは、飲食店で働く人のための情報マガジン「明日のレストラン」〜石崎先生のよくわかる法律相談〜でお読みいただけます。

 

 



新規事業をお探しの経営者様、独立開業をお考えの方はこちら

事務所所在地

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

■住所■
横浜市中区日本大通7
合人社横浜日本大通7ビル8F
(都内(渋谷、六本木、汐留)会議室利用による打合せも可能)
■電話■
045-680-0572
■FAX番号■
045-680-0573
■メールアドレス■
ishizaki@ypartner.com
お問い合わせはこちらから