法律相談「お子さん入店お断りは法律的にOKですか?」
ホーム > 法律相談「お子さん入店お断りは法律的にOKですか?」

法律相談「お子さん入店お断りは法律的にOKですか?」

【本日のご相談】

おじが経営するフレンチレストランでアルバイトをしている大学生です。

先月まで、ランチタイムのみお子さんの入店をOKとしていましたが、店内で騒ぐお子さんが増えたため、お断りすることになりました。もちろん、ほとんどがお行儀よく過ごしてるお子さんばかりですが。

これまでのようにお子さん連れで来店されるお客さまに、入店ができなくなったと説明しても、なかなか理解してもらえません。せっかく楽しみに来てくださったのに、お断りするのはとてもツライです。

お客さまを差別していることになるので、法律に触れるのではないかと気になっています。法律上の問題はないのでしょうか。

(アルバイト 10代 女性)

 

【石崎弁護士の回答】

考え方はとてもシンプルです。店は誰と契約するか自由に選ぶことができます。つまり、どんな人を客とするかを店が決めることができるのです。

 

ですから、子連れでの入店を拒否することも自由です。いわゆるグランメゾンのような超高級店でのドレスコードや、「12歳以下の入店はご遠慮願います」などの年齢制限がわかりやすい例でしょう。ドレスコードや年齢制限は差別ではなく、他のお客さまに一定以上のサービスや雰囲気を提供するために設けられたものと考えるとわかりやすいと思います。

 

このご相談への石崎弁護士の回答の続きは、飲食店で働く人のための情報マガジン「明日のレストラン」〜石崎先生のよくわかる法律相談〜でお読みいただけます。

 

 



新規事業をお探しの経営者様、独立開業をお考えの方はこちら

事務所所在地

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

■住所■
横浜市中区日本大通7
合人社横浜日本大通7ビル8F
(都内(渋谷、六本木、汐留)会議室利用による打合せも可能)
■電話■
045-680-0572
■FAX番号■
045-680-0573
■メールアドレス■
ishizaki@ypartner.com
お問い合わせはこちらから