書籍「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」2018年4月26日に発売しました!
ホーム > 書籍「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」2018年4月26日に発売しました!

書籍「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」2018年4月26日に発売しました!

4月26日、拙著「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」(旭屋出版)を出版いたしました!

▼下の表紙画像をクリックでAmazonの購入画面へ



【内容紹介】

第1章 飲食店 賃貸借契約の落とし穴

1飲食店と賃貸借契約 2賃貸借契約のイロハ 目的・用途 保証金 期間・途中解約(定期賃貸借) 転貸 3内装業者 4賃料交渉 賃料増額交渉 貸料減額交渉 減額調停と訴訟 紛争予防のために 5居抜き物件・退去時精算 居抜き物件とは 大家さんとのトラブル 前の店舗とのトラブル 原状復帰・退去時精算


第2章 労務問題の落とし穴

1長時間労働 飲食店の長時間労働はやむを得ないのか 電通事件の影響 時短勤務のススメ 勤怠管理が全ての始まり 2モンスター従業員 問題社員が生まれる理由 指導とパワハラ SNS対策 社内行事は残業か 横領は避けられない 3法的手続への対応 紛争解決手続 訴訟と労働審判 突然の仮処分で資金がショート 本当に怖い労働組合


第3章 食品衛生の落とし穴

1食品衛生とは 「食の安全」は店舗運営の基本 食品に関する法律の概要 「予防」と「事後対応」 食中毒が起きたらどうなるか 2食品表示 なくならない食品偽装事件 食品表示の基本 飲食店は景品表示法だけ どこまでの「お化粧」が許されるのか 3変わりゆく「食中毒の予防」 予防三原則の徹底 食中毒予防の6つのポイント HACCPとは 居酒屋でもできるHACCP 取るだけHACCPに注意 4危機管理 事故は起きるときは起きる 迅速かつ的確な広報 食中毒の徹底的な原因究明 再発防止策の制定


第4章 クレーマー対策の落とし穴

1クレーマーとは何か 消費者対応の重要性 問い合わせとクレームは違う クレーマーの分類 2クレーマー対策のイロハ 苦情への対応 苦情対応の3つの原則 誰が対応するのか クレーマーを見抜く クレーマーは怖いのか 3弁護士のクレーマー対策と解決事例 弁護士のクレーマー対策 頻繁に来るが、毎回クレームを入れる客 コンタクトをなくしたから弁償しろ サプリが効かないから返品してほしい 深夜のクレーマー対応 店員へのストーカー 4ドタキャン対策 ドタキャン問題の深刻さ ドタキャンされないために ドタキャンされたらどうするか 日本初?ドタキャン裁判


第5章 そのほかの落とし穴

1フランチャイズ契約の難しさ フランチャイズ契約とは フランチャイズ契約のメリット・デメリット 加盟時の説明と違う(情報提供義務違反) 契約を解除して独立したら訴えられた(秘密保持義務・競業避止義務違反) そのほかの紛争 フランチャイズとライセンス 2ハラスメン ハラスメントとは セクハラ パワハラ マタハラ 3営業・販促に潜む危険 口コミサイトの使い方 クーポントラブル 客引きの取り締まり強化

 

 



新規事業をお探しの経営者様、独立開業をお考えの方はこちら

事務所所在地

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

■住所■
横浜市中区日本大通7
合人社横浜日本大通7ビル8F
(都内(渋谷、六本木、汐留)会議室利用による打合せも可能)
■電話■
045-680-0572
■FAX番号■
045-680-0573
■メールアドレス■
ishizaki@ypartner.com
お問い合わせはこちらから